« まさかの風景を求めて | トップページ | 地方競馬の祭典 »

2009/10/30

WinShell3.3のエラーとフォント設定

私は資料をつくるときなどはTEXを使用している。

めんどくさいことはたくさんあるがWordで作成するより美しくしあがる。

TEXで書いたものをコンパイルするためのソフトとしてWinShell3.1を使っている。

Version3.2からは英語の自動スペルチェック機能がついているため、最新の3.3に変更した。しかし、3.3ではとてつもないエラーがおきる。

3.3でTEXファイルを保存した後にコンパイルするとRuntime errorと出てWinShellが強制終了してしまう。

これはだめだと思い3.2に変更したらTEXで書いている日本語が文字化けしてしまう。

いろいろ調べてエンコーディングの変更ということがわかったが完全になおらない。

結局、最初の3.1に戻したのだが、Versionによりエンコーディングの設定が違うことがわかった。

この作業のために2時間費やしたのがばからしいです。

結論は、Version3.3は導入しないこと。しばらくたてばエラーを起こさないプログラムが組まれると思いますが。

|

« まさかの風景を求めて | トップページ | 地方競馬の祭典 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524125/46621469

この記事へのトラックバック一覧です: WinShell3.3のエラーとフォント設定:

« まさかの風景を求めて | トップページ | 地方競馬の祭典 »